生命保険の相談は相談料を取るファイナンシャルプランナーにしよう

生命保険については、自分の頭でしっかり考えて契約をするべきです。しばしば、生命保険販売員の言いなりになって契約をしてしまう人がいます。しかし、それは最も危険な契約方法です。なぜならば、生命保険販売員は、顧客のことよりも契約獲得のことしか考えていないからです。そして、生命保険販売員は、生命保険についての知識にかけています。自分はしばしば、セールスレディから相談を受けます。その内容がびっくりします。自分の会社の保険内容の説明をしてほしいというのです。自分の会社の商品についてしっかりと理解していないのに、売れてしまうのだから怖いものです。このようなセールスレディでも、保険を売ることができるということは、もう一方に、保障内容について良く理解していない契約者がいるということになります。生命保険を考えるときには、必ずライフプランニングを立てるようにしましょう。自分でライフプランニングを立てることができなければ、有料のファイナンシャルプランナーに相談をしましょう。無料でも相談を受けてくれるファイナンシャルプランナーはいますが、このようなファイナンシャルプランナーは生命保険の代理店であることが多く、避けるべきです。

PAGETOP