生命保険に加入する時はよく考えて

 生命保険に加入をするときはよく考えて、慎重に検討をする必要があるといっていいでしょう。生命保険は決して安い買い物ではなく、かなりの高い買い物です。なかには、保険は家の次に高額の買い物だということをいう人もいます。それぐらいのものだということです。特に生命保険は高額になりがちな保険といっていいでしょう。それだけに加入を考えるときは何が必要なのかを考えて入る必要があるでしょう。 そうしなければ、保険に入ることで安心したいのに、家計が火の車になって日々の生活の方がくるしいなどということにもなりかねません。掛け捨ての保険であれば月々の負担などは安くもなるのでしょうが、掛け捨ての場合は貯蓄性はありませんから、そのことも理解をしておく必要があります。満期になればある程度の保険金がかえってくるということはないわけです。 保険の目的は万一の事態に備えることで、将来の安心をえるということです。その万一の事態にそなえることで、今の生活が苦しくなるようでは意味がないともいえます。備えはするにこしたことはありませんが、将来を過剰に心配して今がおろそかになるのでは本末転倒といってもいいでしょう。今を大事にすることで将来はあるのですから。

PAGETOP