医療保険は良い意味でバカになりません。

娘を出産したときの話。当時私は正社員として働いていた。でも旦那様は転職中で無職。経済的な事情から、事務職だったし家からもかなり近い職場だったので、働ける限りギリギリまで働こうと何となく決めていた。妊娠初期、出血が止まらず切迫流産で20日ほど入院。その少し前に入っていた保険が改定されて補償が手厚くなっていたため、入院費以上に保険が下りてお財布はホカホカ。そして無事持ちこたえ、臨月間近で退社。実はそのちょうど一年前に派遣社員から正社員に採用してもらっていて、失業保険がもらえる資格獲得ということが発覚。一ヶ月でも早かったら資格なしだったから超ラッキーだった。そして、当時は退職後半年以内に出産した人にも出産手当金が支給された。確かそれも勤続一年が条件だったんじゃないかな。そして娘は逆子だったため帝王切開に。医療保険から手術のお見舞い金と、保健対象のため入院費が支給された。さらに高額医療での返金?もあり、娘一人出産したことで相当稼いじゃった(笑)痛い思いもしたし、自然分娩には憧れるけど、これだけ儲かるなんてやっぱりうれしいよね。しかしこんなことってあるんだねー。なんて親孝行な娘なのかしら(笑)。ちなみに今は金食い虫~(泣)

PAGETOP