初めての沖縄でとんでもない事態に

沖縄旅行で保険

本当についていない旅行でした。そもそも私が沖縄に行った事がないという事から始まった話なのですが、それなら今度の5連休に皆で沖縄に行こうと事になりました。沖縄というと青い海と空、とても優しい地元の方々、そして飲んで踊って楽しい雰囲気というイメージがあった私はテンションがすごく上がってしまって、チケットの手配やホテルの手配も全部自分でやりました。チケットは格安航空券を金券ショップで入手して、良いホテルを交渉して安くしてもらったりするなど、かなりの時間を割いて、準備を用意周到に進めていきました。羽田から飛びのり3時間かけて沖縄に着いた時に、すごく残念な事態となっていました。台風が接近している様で、雨や風がひどくてとてもじゃないですが、旅行という気分にはなれませんでした。もう少し遅いフライトだったら欠航になっていたかも知れない程でした。ま、3泊あるので残りの2泊は楽しめるのではと思っていたのですが、台風の速度が遅くてずっと雨が続く3日間となってしまいました。こればかりは本当にどうしようもないというのは理解しているのですが、やっぱり残念ですよね。初めての沖縄が全然楽しめないなんて。それからというもの、私は雨女と言われています。2ヶ月後には香港旅行の予定も入っています。香港 格安航空券で行く予定ですが、この時の天気も心配です。

雨の日用のバイク用品を買いたい

雨の日のバイク保険

こう毎日地味に雨が降ると、雨の日用のバイクブーツもも2足くらいほしくなりますね~。バイク保険の還付金があったから、密かにバイク用品を買おうと計画してるんです。
いつものブーツを履いてもいいんですけど履きつぶしたのじゃない限り、雨で汚れたら悲しいので結局雨の日用のさえないブーツばっかり履いてます。雨の日用ってなっってるブーツを前に買ったんですが、すごく浅いスニーカーみたいな構造なので、靴の底から雨は進入しなくても、ぬれちゃいます。失敗でした><それもそろそろ古いので、新しい雨の日用のブーツがほしいです。

でも雨の日のブーツってあんまりかっこ良くないのばっかりなんですよね~。選ぶのにもテンションがあがらないです。デザインは良くても、色が微妙だったり。今はいてるのはゴツゴツしているけど、さっき書いたみたいに水が入ってきちゃうし。学生時代はそんなにいいブーツなんて履いてなかったから、雨の日用なんて得に考えずどれでも履いちゃってましたけどね!本革とか起毛素材のブーツを雨の日に履くのは、ちょっ憚られます~。

なんか、天気予報もはっきりしないので朝テレビで「今日は夕方から雨模様・・・」とか言ってると「雨の日用のブーツ履いてくか~」ってなるんですが、結局一回も雨降らなかったり。普段のブーツ全然履けてないなあ。たまには足元もライダーっぽくおしゃれしたいです!早く雨ばっかりの天気じゃなくなるといいな~。

いざと言うときのための備えは必要

いざという時の備え

昨日の夜も消防車が走っていました。サイレンを鳴らすのではなくカンカンカンと音を立ててたぶん火の用心のための巡回をしていたのでしょう。やはり冬になると空気も乾燥するし暖房などの火気を使うことも多くなると思うし火災は心配ですよね。うちもきちんと火災保険には入っているものの火事になってしまったらやはりたいへんですよね。保険で家や家財は買い戻せても心には大きな傷をおうでしょうし、思い出の品などはお金がいくらあっても買い戻すことはできません。そうならないように注意はしています。うちは石油ストーブを使っているのでそこから火災になる可能性はあるから寝る前にはかならず消しますし、回りに燃えそうなものを置いたりしないようにしています。また、台所もいまだにガス台を使っています。やはりIHの方が安全なので機会があれば取替えを検討してみようとおもいます。でもこうやって自分でどんなに対策をしても完全に防げるものではありませんよね。電気の配線がショートしたりとか極端な話放火で火事になる可能性もあるわけです。自分では完全には防ぎきれないものですから、せめてそうなったときのために火災保険で少しでもダメージを少なくするくらいしかできる対策はないですね。できれば火事は一生味わいたくないですね。

もう一人の家族が増えました

家族増えた

このたび我が家の家族構成がかわりました。二人から三人へと。そうです、無事に子供を産みました。といってももう産んでから三ヶ月ほどたっているので今は落ち着いています。初めての出産だったので不安で一杯でしたが終わってみればあっという間でしたね。といっても出産中のことはほとんど覚えていませんが。しばらくは実家に帰って母に子育てを手伝ってもらっていましたがやっと家に戻ってきて旦那さんとわたしと娘の三人であたらしい生活をはじめたところです。ほんとうにあっというまですね。この前結婚したような気がしたのですがもう子供も増えて家族になっているなんて。楽しい時間は早く過ぎるといいますからきっとしあわせな時間をすごしていた証拠ですね。でも楽しいばかりもも言っていられません。これから子育てのこと、教育のことなどいろいろ考えなければなりません。将来に備えて保険なども見直さないといけないでしょうね。なにかあったときに子供が苦しむようなことにならないようにきちんと考えていかなければなりません。子供ももしかしたら二人目三人目も産む可能性もありますしほんとうに人生ってめまぐるしく動いていきますね。でもいまは大変さよりもうれいさや充実してると感じられるので幸せです。

二人でいると幸せは二倍になります

二人でいると幸せ2倍

結婚式も終わってずいぶん経ちました。二人で一緒に暮らすことにもやとなれてきました。いままでとまったく生活が変わったのでいろいろ楽しいことも戸惑いもあります。まさに新しい人生がスタートしたという感じですね。親元にいた時と違ってすべて自分達の判断できちんとした行動をとらなければいけないのでいろいろと難しいこともあります。とくになにかあったときのことが不安でしかたありません。そんなときに備えて二人とも保険に入ろうと言うことにもなりました。どちらかがケガとかすればもう一人には大変な負担がかかるわけですからこういったことはきちんとしていかないといけませんね。いざというときに困らないように備えておくことも家族の責任です。もちろん不安なこともありますが今は幸せの方が多いです。なにをするにも楽しみが2倍というかんじです。食事を作るにしても自分も旦那さんも喜ぶとおもえば2倍の喜びになります。テレビを見ているだけでも二人で今のはおもしろかったとかどうだったとか言い合うだけでも楽しいです。やはり二人で生きていくというのはいいものですね、本当に結婚してよかったと思います。保険などでもしもの場合に備えつつ二人で幸せに生きていきたいものです。